日本航空 JAL

JALファーストクラス B777-300のJAL SUITは別格!

ゲートに向かったときにはすでにエコノミーも搭乗が開始されており、また優先搭乗を楽しむことができなかった。でもそんなの関係ないですね。ファーストクラスは入り口自体が違います。いつも何気なく素通りしてきた「←ファーストクラス」を利用する日がついに来たのです!
日本航空 JAL

JALファーストクラスラウンジ:寿司カウンターでにぎりを食す。

こちらの本館ラウンジはメインラウンジのようで、中に入るとファーストクラスとビジネスクラスのラウンジに分かれていました。せっかくなのでファーストクラスのラウンジを利用します。廊下には花が飾られており、なにやらにぎやか。後で調べたのですが、リニューアルオープンしたばかりのよう・・・。
日本航空 JAL

JALビジネスクラス:JAL SHELL FLAT NEOはかなり快適です

JALビジネスクラス搭乗記。かなり高額なJALファーストクラスのチケットは、アラスカ航空のマイル購入を利用して特典航空券でゲットしましたので、今回の旅行はJALファースト、ビジネス、そして復路のエコノミーとすべての座席を堪能できる旅になりました。
日本航空 JAL

JALファーストクラスの旅 : JALファーストクラスは片道15万円

こんな日が来るとは思っても見ませんでした。ほとんど飛行機に乗ったことがなかった自分が、初めてアメリカに海外旅行に行ったのをきっかけにマイルを貯め始め、そして海外旅行を繰り返し、そしてついに・・・憧れのファーストクラスに乗ることができました!しかも日本が誇る日本航空のファーストクラスです。人気も上々のおもてなしを体験してきましたので、その様子をご報告いたします。
食べ物関連

我が家のおせち料理は旨煮中心です。

2021年が始まりました。今年こそは以前のような平和な毎日が少しずつ戻ってくることを願っています。いろいろと大変な時期が続いておりますが、何とか乗り切りましょう。本日は我が家のおせち料理をご紹介します。旨煮中心の内容ですが、お刺身などもおいしかったです。
食べ物関連

北海道の冬の郷土料理、「いずし」を作ってみた

いずしとは、東北や北海道などで作られている発酵食品。郷土料理でもあります。お店で買うこともできますし、家庭で作ることもできます。我が家のいずしは時鮭を使います。コストもかかり、ちょっとめずらしいですが、あたることもほとんどなく、鮭の味もしっかりしていて、とても美味しく仕上がります。
レストラン

Authentic Burger @ 赤坂 は上品な日本的ハンバーガー

上品なハンバーガー。Authenticというよりもsophisticatedといった感じ。日本人にも抵抗なく食べられるサイズで、具材の味も楽しめる。ただ、ガッツリむさぼるアメリカンスタイルではない。オーロラソースという複雑なソースがユニークなので、まずはシンプルな「ハンバーガー」でバーガーとソースの味を堪能するのがいいのでは。
レストラン

炭火焼鳥 もり穂 @ 赤坂 で伊達とり肉のうまみとクリーミーなレバーがおいしい

伊達とり肉をレアで楽しめる。ランチが人気らしいが、ディナー、女性お一人様でも問題なく利用できました。予算もちょうどよい。お一人様ならカウンターでマスターの仕事ぶりが楽しめます。席数は多くないので、予約したほうがベター。
Hyatt group

パークハイアットニセコの朝ごはんは野菜が激ウマ

朝食は7時くらいから11時までと、余裕のある時間設定がいい。品数は少ないものの、野菜が美味しく、バランスよく食べることができる。ただご飯やお味噌汁などはアツアツではなかったため、少し改善してほしい。
Hyatt group

パークハイアットニセコの「チャイナキッチン」はエントランスからワクワクする日本人向けの中華レストラン

このレストラン、デザインが気に入りました。エントランスから見えるレストランの内装は素晴らしく、忙しそうにシェフ達が料理するオープンキッチンが見えます。これだけで美味しそうな雰囲気が。内装もおしゃれで、料理の価格帯も悪くありません。もちろんホテルですので少し高めではありますが、アラカルトは程よいサイズですし、コースもこの時は7千円であったと思います。おひとりさまはちょっと難しいですが、可能です。